風雅な歴史ある街・文京区 千石②

  • お散歩ブログ
  • 管理物件周辺
  • 物件周辺情報
☆★☆
ホームページリニューアルに伴い
お散歩ブログも過去の記事を再度掲載させていただきます。
この記事は2019年2月に掲載されたものになります。
現在のお店の情報と異なる場合もございますので
ご了承ください
☆★☆


【第14回】
千石を歩こう!
~駅周辺から六義園へ~




みなさま、こんにちは。
2月が28日までしかないことを忘れていて
急に焦りだした
お散歩部・部長の鈴木です。

さて、今回は前回の続き
『文京区・千石』をお散歩します!

☆前回の記事はこちらから☆






千石の駅前は、大きな通りなのにどこか静かな雰囲気があります。


これは駅前の交差点から巣鴨方面を見ているところです。


商店街と書かれていますが、
巣鴨のような活気は残念ながらありません。


お店もほとんどありませんので、
日常的な買い物はお隣の巣鴨か近くの
大型スーパーを利用することになります。

そんな中、知る人ぞ知るお店があります。
残念がら改装中でしたが、お店はしっかり営業中!


ここは、『パティスリートレカルム』さん。
イートインスペースもある、
お洒落で可愛らしいケーキ屋さんです。
かなり個性的なモンブランが有名…

【画像引用:公式ホームページより】
これです、これ!
この見た目で「モンブラン」なんて思わないですよね!

この他にも独創的でお洒落で、
尚且つおいしいスイーツがたくさん!
インスタ映え間違いなしですね♪

【パティスリートレカルム】
文京区千石4-40-25
TEL : 03-3946-0721
OPEN : 10:30 ~ 20:00 (不定休)





さて、TERA物件の近くには緑豊かな一角があります。


ここが『千石緑地』です。
鈴木がお散歩で行った時は、
残念ながら歩道の改修工事中で入れませんでした。

この一角はもともと『一橋徳川家下屋敷跡地』です。
都市内の自然林を末永く残すことを条件に、
徳川家から文京区に寄付された土地です。
なので中には樹齢100年以上の貴重な樹木もありますよ!

そのすぐ横にはこのようなマンションが…



昭和46年に建てられた高級仕様マンション。
あの徳川家の別邸跡地に住むってなんだかすごいですね!!
年月が経っても高い価値を保ち続けている、
ヴィンテージマンションのひとつです。





徳川マンションから住宅街の中を少し歩いていきます。
一行院というお寺のすぐ前に古民家カフェがありました。


ここが一行院。綺麗なお庭がちらりと見えます。


漢方に詳しい薬剤師さんがオーナーのカフェ!
『薬膳かふぇ 然(ぜん)』さんです。
添加物なし、こだわりの美味しいお料理やお茶が楽しめます♪

【画像引用:公式ホームページより】
温かい雰囲気の店内。コタツのお席もあるみたい!
日本庭園を眺めながら、おいしい薬膳料理を楽しみましょう☆

【薬膳かふぇ 然(ぜん)】
文京区白山4-37-21
TEL : 03-6327-6758
OPEN : 11:00 ~16:00 (日・月定休)




白山通りを千石駅方面へ歩いていきます。
旧白山通りと白山通りが交わるところに
なんだか不思議な外観のお店があります。


かなりこだわりを感じるカフェ発見
『ビーズコーヒー』さんです♪
入口にはコーヒー豆が入っていたのか、
麻袋がたくさん並んでいました。
世界中から厳選したコーヒー豆を自家焙煎!


お洒落なカフェというよりは、
珈琲職人さんの仕事場の一角って雰囲気のお店です♪
珈琲豆の相談をしている人もいたり…
地域の人に愛されているお店って感じでした。

【コーヒー専門店ビーズコーヒー】
文京区千石1-29-15
TEL : 03-3944-8820
OPEN : 7:00 ~ 20:00 (定休日なし)




旧白山通りの方へ少しだけ行ったところに看板発見!
ここはちょっと風変わりなお店、『Cafe 灯菜』さんです。


ここは照明の会社さんが、自社の「LED植物栽培器」が
体感できるカフェとしてオープンしたそうです。

【画像引用:公式ホームページより】

ランチのサラダバーが人気な様子。
野菜をたっぷり食べたい人にはおすすめのカフェです♪
でもあまり遅い時間に行くと、サラダバーは
終了しちゃってたりするので注意です!

【Cafe 灯菜(アカリナ)】
文京区本駒込2-9-8
TEL : 03-6912-0056
OPEN : 11:00 ~ 16:00 (日・祝定休)




千石駅の方へ戻る途中にかわいい看板を発見☆


ここは「ツチカラ」さん。
和・洋・中のおいしいお惣菜屋さんです!

キャロットラペやスパニッシュオムレツといった
洋風おかずから、蒸し茄子のねぎソースや、ごろごろお野菜の煮物、
グリーンカレーなどなどお手頃価格でバラエティー豊か♪
季節の限定メニューもありますし、
ここでお野菜豊富なおかずを買って帰るのも良いですね!

【そうざい ツチカラ】
文京区千石1-27-14
TEL : 03-5981-9888
OPEN : 11:00 ~ 20:00 (日曜定休)



さて、千石駅から今度は六義園方面へ歩いていきます。
六義園のすぐ近くには東洋学が好きな人・
本が好きな人にはたまらない
『東洋文庫ミュージアム』があります。


東洋文庫は三菱第三代当主が1924年に設立した、
東洋学分野では日本最古・最大の研究図書館です。

こんな風に書くと『なんか難しそう』とか
そういうの興味ない』なんて人もたくさんいるでしょうね。

しかしこのミュージアムの魅力は
その歴史や蔵書数だけではありません!

内部も外部も美しく、多くの人が感動する
数々の展示がなんと撮影OKというんですから驚きです!!

なかでも有名なのは、この記事の冒頭にもある
『モリンソン書庫』でしょう!
ここは『日本一美しい書庫』と言われています。
かなりインスタ映えもしますよ♪


他にもたくさんの撮影ポイントがある、美しいミュージアム。
1日ゆっくりと貴重な蔵書に囲まれる休日を
過ごしてみてはいかがでしょう?


【東洋文庫ミュージアム】
文京区本駒込2-28-21
TEL : 03-3942-0280
OPEN : 10:00 ~ 19:00 (毎週火曜日休館)
入場料 : 一般900円 大学生700円 中高生600円 
小学生290円 65歳以上800円





さて、ようやくゴールの『六義園』です。



鈴木はずっと勘違いしていましたが、
ここは『六義園の正門』ではありません!

駒込の駅からすぐの位置にある、いかにもな感じの
立派な門構えなので正門のように見えますが、
通常時はこのように固く閉ざされています。

梅の季節・桜の季節・紅葉の季節など、
六義園でもイベントの期間中はこの門が
解放されているから正門感があるんですけど、
こちらは『染井門』というんだそうです!


実はこちらが正式な『正門』です。


この門の位置は、
さきほどの東洋文庫ミュージアムからだとすぐ近く。
駒込の駅からだと徒歩約7分程でしょうか。結構歩きます。

小石川後楽園と共に『江戸の2大庭園』
称されるだけあって、雅やかでとても美しい庭園では
季節の花が楽しめます♪

園内がライトアップされる時期もあるので、
ぜひ足を運んでみてくださいね!

【六義園】
文京区本駒込6丁目
OPEN : 9:00 ~ 17:00
入園料 : 一般300円 65歳以上150円
(小学生以下及び都内の中学生は無料)





さてさて、いかがでしたか?
23区でも人気上位に居続ける『文京区』

その最北端にある千石という街は歴史と風雅があり、
利便性も治安も良いという素敵なエリアです☆

下町情緒と活気あふれる巣鴨も
徒歩圏内というのも高ポイントですね!

文京区はさすがにお家賃相場もちょっぴりお高めですが、
それだけの価値は確実にありますよ!

千石をお引越し先の候補に加えてみてはいかがでしょうか?


次回のお散歩部をお楽しみに…





最後までご覧いただき
ありがとうございました!






フォローしてくださいね!


お散歩ブログの別の記事

  • 魅力が凝縮された街・桜新町【後編】

  • 桜に囲まれた歴史ある街・桜新町【前編】

  • 多くの文化人が愛する街・久我山【後編】

  • 多くの文化人が愛する街・久我山【前編】