楽しい商店街のある人情の街・梅屋敷①

  • お散歩ブログ
  • 管理物件周辺
  • 物件周辺情報
☆★☆
ホームページリニューアルに伴い
お散歩ブログも過去の記事を再度掲載させていただきます。
この記事は2018年12月に掲載されたものになります。
現在のお店の情報と異なる場合もございますので
ご了承ください
☆★☆

【第8回目】
梅屋敷を歩こう!
~今回は大田区です~



日々寒くなっていますがお元気でしょうか?

年末年始に向けてようやくコタツを買った
お散歩部・部長の鈴木です♪


今回は、豊島区を飛び出して
大田区にある梅屋敷のお散歩です!

TERAは豊島区周辺に自社管理物件が多くありますが
梅屋敷にも新築物件が登場します!





梅屋敷ってそもそもどこ?って方もいますよね。
梅屋敷は大田区にあります。


赤い矢印のところが京急本線の梅屋敷駅です。
(正式名称は”京浜急行電鉄本線”で通称”京急”です)

品川まで電車で約17分という好立地!
羽田空港までは電車で約15分程なので、
空港関係の方も多く住むエリアです。



梅屋敷という風雅な地名ですが、
お察しの通りかなり歴史深い街です。


このあたり一帯は江戸時代の頃、
梅の栽培が盛んに行われていました。
梅の咲く時期になると江戸中から
見物客が来るほどであったそうです。


また山本久三郎という薬屋を営んでいた人物が、
店のひとつをこの地へ移転。

その際に梅の木を綺麗に整備し庭園に変え、
旅人・見物客への休み茶屋を開業したところ、
これが「梅屋敷」として大変評判になったことが
この地名の由来となっているそうです。

歌川広重が「各所江戸百景 蒲田梅屋敷」として
絵に残すほどの絶景であったようです。



現代では駅周辺もどんどん開発されてしまい、
絶景だった梅園はかなり縮小…


このような小さな公園として
梅屋敷の歴史はひっそりと残されています。


梅の時期に行けばもっときれいなのでしょうが、
紅葉もなかなか綺麗でした。


かなり歴史深い地域ですが、
今現在の様子はこのような感じです。


大きな通りは国道15号線。通称「第一京浜」です。
東京・日本橋から神奈川・川崎まで通っている
主要道路なので、交通量はかなり多いです。
大きなトラックもたくさん通っています。

この大通り沿いはご覧のとおり、
背の高い建物が密集していますが、道をひとつ中に入ると
レトロな昔ながらの住宅密集エリアです。



ここが「京急本線・梅屋敷駅」です。


2012年に高架化工事が完成したばかりなので、
デザインも新しくてきれいですね。
コンビニも入っていて便利です。

しかし…

振り向くとそこは昭和初期。


駅目前の一等地で現役バリバリ頑張っている橋本屋さんです。

横を向いても昭和初期!
これが梅屋敷という街の魅力なんです!



この街には味と人情と歴史に満ちた商店街が存在しています。

まずは駅を降りてすぐの所にある
『ぷらもーる商店街』をお散歩してみましょう♪



この商店街は梅屋敷駅西口から全長555メートル!
約140店舗もあり活気にあふれた商店街です。

大正末期ごろからお店が建ち並ぶようになったそうです。
昭和28年にはこんな立派な街路灯ができたほどに、
発展した商店街だったんですよ!

ちなみに「ぷらもーる」ってなに?って思って調べました。

元々は商店街の愛称を公募した際に
「梅=プラム」から「プラムモール」という名前に
決まったそうですが、親しみやすさ・呼びやすさから
「ぷらもーる」に変わったのが由来だそうですよ。

商店街の中にはこんな風に
人気が集中しているお店がたくさんあります。

丸鶏解体…
看板のインパクトが強烈です。


こちらもインパクトのある店名「から揚げの天才」
並んでいる人がたくさんいましたよ!



かなり渋いお店もあり…

タイムセールなどで活気溢れるお店もあり…

とにかくこの街、八百屋さんが多いんです!
やはり大田市場が近いからでしょうか…??

このような懐かしのお肉屋さんもありますよ~
こういう所のコロッケはおいしいですよね♪

このお店は大正3年創業。
出汁からきちんと作るお惣菜屋さんです。


こういう風情も最近見れなくなってきましたが、
この街では現役です。
まだまだたくさんのお店が建ち並んでいます!

夕飯時にはかなりの賑わいになるので、お買い物も楽しいですね♪


歩き疲れたらやっぱり休憩もしたいですよね。

ちなみに梅屋敷にはお洒落なカフェなんていうものはほぼありません。
しかしそれがいいのです。
商店街には昔ながらの「喫茶店」があるのですから!

地域の人の憩いの場、『琵琶湖』さんです!

『なぜ琵琶湖?』って思いました?
もちろん調べました!

このお店の先代が滋賀県出身の近江商人で、
ここで乾物屋を営んでいたとか。

現在のマスターの代で喫茶店になり、
滋賀県といえば…の「琵琶湖」になったそうな。

まさに歴史ありって感じですよね。



こちらもいい味出している喫茶店『亜胡』さん。
常連さんが多くて実に入りにくい雰囲気なのがまた
「喫茶店」らしくていいですよね。
勇気を出して入ってみるとレトロな黒電話や
使い込まれたコーヒーミルなど…
実に味わい深くて素敵な喫茶店ですよ!




まずは駅から西エリアの
『ぷらもーる商店街』からのご紹介でした!

写真を見ておわかりいただけると思いますが、
ファミリー層・ご年配の方が多く、懐かしくて
温かい商店街なのですが、
キッズからお年寄りまで、結構なスピードで
自転車移動しています。
商店街を歩くときは周囲に本当に気をつけてくださいね!


回はここまでです!
最後までご覧いただきありがとうございました!
クリックで次の記事へ飛びます



最後までご覧いただき
ありがとうございました!






フォローしてくださいね!


お散歩ブログの別の記事

  • 魅力が凝縮された街・桜新町【後編】

  • 桜に囲まれた歴史ある街・桜新町【前編】

  • 多くの文化人が愛する街・久我山【後編】

  • 多くの文化人が愛する街・久我山【前編】